グルメ・クッキング

2017年7月25日 (火)

鶏むね肉南蛮風

P170725muneniku
鶏むね肉が夏バテによいと聞いて買っておいたものを使う
ネットで調べてこれならというのが南蛮風
一枚を、砂糖小さじ1、醤油小1、ヨーグルト大2、にんにく・しょうがすりおろし少々・塩コショウ少々でつけこむ(半日)
衣は卵半個、片栗粉大1、小麦粉大1
これをフライパン2cmの油で揚げるが灰汁がかなり出て肉にくっつく

南蛮酢は、醤油大2、砂糖小1、蜂蜜子、酢大1.5、黒酢大1、酒大1/2、みりん大1/2
あわせてあげた肉にからめて終わり
P170725midorizu
酢の物のかわりにきゅうりを使った緑酢のジュレ、中身は貝柱にした
残り物のおかずを配して、デザートはヨーグルトクリーム
P170725yogour

2017年7月22日 (土)

桃のスープ

P170721momosoup
桃の値段が下がったら作ろうと思っていた木下レシピ
桃一つは白ワイン・砂糖でゆでる、八角・黒コショウ粒と一緒に
もう一つ桃は種をとって、ミント葉15枚と砂糖少しでミキサーに
こちらがソースになって、スープの方は冷ます程度の温度

ソースの方があまりいきていないので、単に桃を切って食べたほうがいいかも
あるいは白ワインを加えた砂糖水でゆでるくらい

2017年7月21日 (金)

ゴーヤチャンプルー

P170721chamoruu
ゴーヤを買ってくると半分はお浸し、半分はチャンプルーにすることが多い
チャンプルーははじめスーパーに併置しているソースを買ってきたが
このころは自分で味付けする
今回は醤油だけのもの
ゴーヤの下味に塩小さじ1/4だけでなく砂糖小さじ1をまぶすのがポイント
豚肉は塩・胡椒をしておいて、フライパンでじっくりこがす
豆腐も水切りしたあと、同じように焼き目をつけ
ゴーヤも別にしっかり焼いておく
全部もどして味を調え、卵を加えあまりまぜずに炒め、醤油少々で味付け
具のできあがりはなかなかよく、お汁がないのが残念で次回は鶏ガラスープを少し足す予定

2017年7月17日 (月)

冷たいおでん

P170717oden
ひさしぶりに作る冷たいおでん
具の内容も冬版とほとんど変わらず味付けも同じようなもの
そうするとみんな、温めて食べる方がいいという

2017年7月 9日 (日)

ハイシライス

P170708haisi
実家のリクエストで日曜の夕食は用意して戻る
分量は5人分ほど作ってわける
牛肉細切れを赤ワイン煮こみして、玉ねぎ・人参を加える
味はドミグラソース、トマトピューレ、ブイヨンの素
他に砂糖・醤油を少々、塩胡椒
ドミグラソース缶を使ったので時間は短縮できるが、味は思ったよりうっすらめ
固形ブイヨンをもう半個分入れる

悪くはないがものたりない

2017年7月 8日 (土)

週末の魚・野菜:白ズイキ

P170708zuiki
デパートでの買い物は鮎、養殖ものでけっこう大きい
ほかに出来合いの、はも照り焼き、太刀魚アスパラ巻を買ってみるが
はもも太刀魚も今一つ
鮎は蓼酢で食べて、こちらは問題なし

野菜は、白とうもろこしと白ズイキを買ってみる
白とうもろこしは蒸して、粒をとってサラダに加える
柔らかく、食べやすい
白ズイキの方はいつも通り、ゴマ味噌和えにして食べる
紅ズイキより繊維が粗く、幾分ごつごつしているが味を濃くつけてあるので食べられる

2017年7月 3日 (月)

あんかけ焼きそば

P170703yakisoba

豚肉に片栗粉をまぶし、具を炒め水を加えて蒸し煮にすることでとろみをつける
足らないので片栗粉を足したが
ポイントは、中華そば両面をこげるほど焼くこと
揚げそばより油っぽくなさそうで採用したレシピだが
こがすのがむつかしい
フライパンでは強火でも弱火でも焦げ付く
二つ目の麺は焦げ付きがましだったので、十分熱しておくべきなのか

味はオイスターソースと醤油、それで物足りないから中華の味の素を加えた

2017年7月 2日 (日)

庭の青物を使う

雨の間に庭の木を剪定したりして、使えるものは調理しておく
まず、ローリエの乾燥
昨年は十分でなかったらしく、瓶に保存しているのがカビがついてしまった
今年は十分乾燥させる

木の芽も払って、硬くないのを木の芽味噌に再び作る
前の残りは冷凍して、こちらはタッパーに入れて近く使う

バジルは自家製でなく、もらった分
しだいに黒ずんでくるので、オリーブ油とミキサーにかけて冷凍

もう一種、しだれ梅の梅の実
道路に落ちて拾うのが面倒だから、枝についているものを採ってしまう
きれいなのを一日水につけ、砂糖と合わせて梅ジュースに作ってみる
しだれ梅は実が少ないのでジュースが最適だとあるので
雨の間に庭の木を剪定したりして、使えるものは調理しておく
まず、ローリエの乾燥
昨年は十分でなかったらしく、瓶に保存しているのがカビがついてしまった
今年は十分乾燥させる

木の芽も払って、硬くないのを木の芽味噌に再び作る
前の残りは冷凍して、こちらはタッパーに入れて近く使う

バジルは自家製でなく、もらった分
しだいに黒ずんでくるので、オリーブ油とミキサーにかけて冷凍

もう一種、しだれ梅の梅の実
道路に落ちて拾うのが面倒だから、枝についているものを採ってしまう
きれいなのを一日水につけ、砂糖と合わせて梅ジュースに作ってみる
しだれ梅は実が少ないのでジュースが最適だとあるので

2017年7月 1日 (土)

ヒュメ・ド・ポワソンのスープ

P170630hume
鯛で作ったのを使わず古くなりそうだから、ポタージュが夕食にあるが仕立ててみる
海老とたらが魚で、玉ねぎ、人参、ブロッコリーの茎を煮込んで軽いスープ
これと解凍したじゃがいも餅をおやつに食べる
スープはあまり味わい深くなく物足りない
洋風で魚の出汁は使い方がわからない

2017年6月30日 (金)

庭の青物を使う

雨の間に庭の木を剪定したりして、使えるものは調理しておく
まず、ローリエの乾燥
昨年は十分でなかったらしく、瓶に保存しているのがカビがついてしまった
今年は十分乾燥させる

木の芽も払って、硬くないのを木の芽味噌に再び作る
前の残りは冷凍して、こちらはタッパーに入れて近く使う

バジルは自家製でなく、もらった分
しだいに黒ずんでくるので、オリーブ油とミキサーにかけて冷凍

もう一種、しだれ梅の梅の実
道路に落ちて拾うのが面倒だから、枝についているものを採ってしまう
きれいなのを一日水につけ、砂糖と合わせて梅ジュースに作ってみる
しだれ梅は実が少ないのでジュースが最適だとあるので

より以前の記事一覧