グルメ・クッキング

2017年10月19日 (木)

栗むき二袋

茨城産の栗を二袋、鬼皮をむいて、渋皮をそぐ
3/5はそのまま、2割の砂糖を加えてジッパーで冷凍保存
2/5は甘煮にする

ゆで栗・栗ごはん・栗ポタージュ・栗おこわ・栗甘煮・生栗保存としたので
あとは栗のモンブランあたりか
丹波栗を買って、ゆで栗という手もある
もう一度は渋皮煮にして、栗と肉の炒め物もしてもよさそう
今年は栗を10回以上買う盛況さ

2017年10月18日 (水)

まながつお塩焼きと鱈のしんじょう

P171018managatuo
コーヨーに小さめながらまながつおが出ていた、一匹580円
これを二つに切ってもらって塩焼き、久しぶり
しんじょうの作り方も調べてやり直し
白身をすりおろしてというのが大変だった覚えがある
今回は、細かく刻んでからすりばちですると簡単だった
これに長芋すりおろしと卵少々を加え味付け
茹でて固めたものをお椀に入れる
固めがゆるかったのかお椀ではくずれて、ちょっと残念
P171018sinjyou
味は鱈の味が残ってしまう、しんじょうにはくせのない白身を使わないと

ぜんまいの煮物

P171018zenmai
水煮ぜんまいはスーパーでも売っていてけっこう高い
小さな袋が300円から400円ほど
これで二人一回分くらい
戻してあるので、軽くゆでて、厚揚げ(あるいはじゃがいも)と炊くというのが実家の定番

今回ははじめて作る
出汁を取ったのでわりとよい味になった
まながつをとしんじょうの前夜夕食につけたが、ぜんまいが一番おいしかったのでは

れんこんミンチはさみ焼き

P171017
余ったれんこんを使うレシピを探して作る
前もはさみ揚げはしたことがあるが、フライパンで焼くだけでもよさそう
ミンチ肉をはさんで、粉もつけずに焼いて、蒸らせば生のれんこんもいい食べ具合になる
たれは酒大3、醤油大1、砂糖小1
ミンチも少なめで(今回は豚の薄切りあまりをミンチに刻んで100g少し)いける
100gで12枚のれんこん、大き目で半分に割って12個できる

これも余った栗おこわで夕食をすます

2017年10月17日 (火)

紅玉のタルトタタン

P171016tatann
紅玉が二つあまりタルトタタンをはじめて作る
りんごをキャラメリゼして、下に敷いて、ケーキ生地を絞り出しで流す
生地は泡立てがないので楽
170度で40分やくとちょうどうまくできあがる
紅玉が三つのところ二つでしたのでりんごの密度が減ったのが残念

2017年10月16日 (月)

中華献立

P171016chicken
メインが鶏のニューサンチキン揚げ
前菜に大学芋・シュウマイ
酢の物は春雨サラダ
海老のチリソースを少ししてメイン
ご飯が栗をむいて、栗おこわ中華風

デザートはりんごの甘煮といちじく、ぶどう類

唐揚げは4分ずつ裏表と焼くとかりっと揚がる
シュウマイの海老はむきえびを使ったが遜色はない
海老のチリソースは炒めすぎないようにするとよい食感でとまる
P171016kuriokowa
おこわは蒸し物が別にあるので炊飯器でやる
普通に炊いてこれもそう問題なし

2017年10月15日 (日)

フレンチの献立

P171015wine_2
飲み物はロゼ、タベルを一本

前菜が残り物の活用で、グラタンを半皿ずつととびあら海老のから揚げ
魚が二種
まず鯛のキゥイソース
P171015tai
ここで蓮根のポタージュ
P171015renkon
二つ目の魚が海老のクルスティアン
 フィヨンティーヌを粉チーズのクルスティアンに変えたもの
 海老・ホタテのグリルにほうれん草を乗せ、下はカレー粉のソース
P171015ebi
ほうれん草のサラダを出して
肉が牛のあぶり焼きステーキ
 網であぶっておいて、フライパンで上下焼き、アルミホイールで覆って寝かす
 肉は、100g1000円弱の黒毛和牛を120gほどとオーストラリア産のヘレ100g500円程度を120g
 三人分で一人80g

 一番向こう側の白いものは紅玉を使ったりんご煮

P171015steak
デザートはいちじくのコンポートと黄金桃
P171015ougontou
キゥイソースは分量通りだとオリーブ油で重くなる、水を少し足してワインが多めの方がいいかも
蓮根ポタージュは牛乳ベース、濃厚さはないがしゃきしゃき感が出て悪くない
フィヨンティーヌをクルスティアンに変えたのはよかった
チーズの味が強くてアクセントになる
カレーソースも悪くない、今回はこれが一番の出来上がり

肉は厚めになるともも肉はよほどよいものでないと硬め
値段が半分だが輸入肉の方が柔らかくて食べやすい

2017年10月14日 (土)

カナダ産松茸ご飯とかわず海老のからあげ

P171014tobiara
土曜日でデパートの買い物
カナダ産の松茸はあいかわらず高い
先週は一盛り3000円、今週は切り身2000円
一度は食べようかと買ってご飯にする
P171014matutake

先付けにいちじくのごまあえを作る
 少し煮たのが工夫だが、ごまを汁に入れないで、ごまだれを上にふんわり乗せたほうが合いそう
P171014itijiku
おかずはカキフライ、かわず海老(とびあら)のからあげ
P171014kaki

煮物に茄子と蓮根
P171014renkon
お汁がしじみの味噌汁を少し目で

もう一品、三枚おろしさんまの酢醤油焼きを試してみる
P171014sanma
デザートは今年はじめてのシナノスィーツと栗の渋皮煮

さんまは手間のわりにあと一歩、塩焼きにはかなわない
海老のからあげはおつまみ程度だが、おいしい
カキフライがかりかりあがって上出来
松茸は格別とまではいかないが、こりっとして香りもそこそこ
家で作るのではわりとうまくいった方
シナノスィーツはさわやかで食べよい

2017年10月13日 (金)

マカロニグラタン


今日も続いてお米なしで夕食
マカロニグラタンをペンネで作る
サラダは温野菜のサラダ

定番メニューになるのでスープも野菜のコンソメ

かぼちゃの煮物に、ナスシギ焼き・豆腐の片栗粉皮炒めをしょうが醤油で

グラタンには海老と、玉ねぎ
海老の殻を炒める時にいれて香りが出るかと思ったが少しだからかあまり出ない
かつて食べた香り高いグラタンは、生きのよい海老でないとできないのだろう

デザートが黄金桃

黄桃を改良した桃らしくはじめて食べる
値段はスーパーの価格が一つ350円ととても高い
普通の桃が終わりかけで出てくるので試しに買うが香りが少なくしっとり感も少ない

2017年10月12日 (木)

ご飯なしの夕食:はすつくね

P171012renkon
お腹がもたれているようで、これは夏からの疲れか
お米を抜くとこにする
献立は
水曜日に作り置きの肉じゃががメイン
これは味をつけたすのをご飯なしのため薄味のまま
P171012nikujyaga

NHK料理本でみた「はすつくね」
レシピを忘れて、ネットのものを借りる

レンコン200gに鶏ひき肉300g、150gずつで作る
醤油・酒・みりん各大さじ1にパン粉大さじ3

レンコンは1/3をみじん切りにして残りはひき肉とミキサーで砕くが
水分がすくなくレンコンが砕ききれない
小さく15個にまとめ平たくしてフライパン油多めで両面こんがり焼く

たれが醤油・酒・砂糖大2.酢大1 片栗粉小1/2で固める
たれの量はこの1.5倍あってもよい

梅酒を出して、先付けに田楽、たこの酢の物
P171012dengakurenkon
他は柿とほうれん草の白和え
P171012sirae
デザートは二十世紀梨

より以前の記事一覧